旅行・地域

2008年7月15日 (火)

二条城

P1000272_2

P1000274_2 P1000279
ついに夏が到来。ずいぶん暑くなってた。

こちらは、空いた時間を使って、京都の二条城を見学する。

京都は結構観光する機会あったが、やはり漏れもあって、二条城は初見だった。

なんと言ってもここは、家康と秀吉の暗闘を描くドラマのしばしば舞台となっている。

家康が自分の力を誇示するために秀頼を謁見した場所だ。

あるいは徳川慶喜が大政奉還を発表した絵もよく見かけるが、その本物の部屋(間)がある。

つまり、江戸時代の始まりと終わりに決定的な役割を果たしたところで、歴史の重みを感じさせるところだ。(あいにく撮影禁止で、屋内を載せられないのが、残念)

こういうところで、どうやって、歴史的な発表をしたのか、と少し時代劇の主人公の気持ちになってみると、面白い。

メディアとITの時代で知識はすぐに入るが、足を運んで現場を見る、空気を感じ取ることがこれからますます大事になる。

億劫がらずに、どんどん回ろう。

|

2008年6月14日 (土)

NEDOの仕事のついでに、善光寺へ

P1000221_4

五内川です。

先週ですが、NEDO(新エネルギー・産業技術開発機構)の仕事で、長野に行ってきました。

NEDOから、久々に技術委員を拝命することとなり、この関係で、長野にて技術展示会を見学することに。

現場では、各担当者からの解説含めて、先端技術の進展具合を見ることができましたが、やはり実際の装置やデモを見るとイメージがわいてきます。

研究者の方々には、今後もぜひ頑張っていただきたいものです。

***

P1000227_2

というわけで仕事は仕事でキッチリやるわけですが、せっかく長野まで来たからということで、速攻、善光寺を見に行きました。

かねがね一度は行ってみたいと思っていたのですが・・

というのも、上杉謙信と武田信玄が五度相まみえて主導権争いを演じた川中島エリア、その中心に位置したのが、この善光寺なわけです。

さすがに戦乱をくぐり抜けてきただけあって、気骨もあります。

最近では、聖火リレーの出発点を降りたことでニュースにも取り上げられたので、ご存じの方も多いと思います。

行ってみると、駅前よりも人が大勢いる感じで、さすが観光地としての人気は根強いようです。

参道も風情があるし、歴史の重みを感じて、なにやら希有重厚な気持ちになります。

やっぱりその場の空気というのはあるのかな、こういうものはその場に行ってみることが大事ですね。

御利益もありそう、ということで、お守りやらワインやら買い込み、帰ってきました。

そういえば、今年3月には、長久手古戦場(小牧・長久手の戦い)に行ったのも、ひょいと思い出したので、さて、次回はいよいよ関ヶ原かな??

|

2007年8月 5日 (日)

合宿

Dsc01383

先月のことになりますが、以前、東大が主催した知財の勉強会で知り合った有志メンバーとともに、熱海で合宿を行いました。

メンバーの一人が所属する某社の保養所を取ってもらったのですが、これがなかなか素晴らしい。

熱海駅からタクシーで20分ほど。天候はあいにくでしたが、山の上の方で眺めも素敵です。

海の幸を味わい、温泉につかって、頭も体もリフレッシュ。

後はお酒を飲みながら、ワイワイでした。

Dsc01378

さて考えてみると、昔習った知財の知識はどんどん古くなっていくけれど、それでは最後まで残るのは何かというと、こうした人とのつきあいなのだった。

まこと大学の機能は、知を学ぶ・生み出すことだけでなく、こういうネットワークを生成する場でもあるのだなと、改めて感じた次第。

Dsc01379

|