« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月21日 (水)

アントレプレナー道場最終発表&審査会

P1010380

先週10月17日(土)に、東京大学産学連携本部主催、アントレプレナー道場の最終発表・審査会がありました。

この日を目指してビジネスプランを磨いてきた精鋭6チームが、一堂に会して、最終発表に臨みました。

持ち時間は、各チーム15分プラス質疑応答10分。

このわずかな時間で、厳しい(?)審査員たちを説得していくわけです。

さすがに、合宿時などに比べると、どのチームもプラン自体はブラッシュアップされています。

時間が無いことも考慮に入れ、事業自体をできるだけシンプルにして、結果、訴求ポイントへの絞込みはよくなされていたと感じました。

学生の皆さん、普通の授業と違って、ビジネスのプレゼンなどそれほど慣れているとはいえないのですが、やはり最終発表は一味違うということでしょう。みな堂々と発表していたように思います。

内容はサービスが4、テクノロジー系が2、という按配でした。

結果、最優秀チームが1つ、優秀チームが2つ、そして私がメンターを務めたチームは次点の第4位となりました。

上位三チームは、北京大学との交流プログラムで、北京行きの特典があるのですが、

私がメンターを務めたチームは残念ながら落選。

・・・と思ったところ、日程の関係で上位のうち一チームが辞退、最終的に繰上げ当選になってしまいました。

まあ棚ボタですが、北京でもがんばってほしいものです。

こうして、発表会の後は、打ち上げで飲んでおしまい、という一日でした。

P1010389_2

さて、このプログラムに参加したのは、私も今回が初めてなので、この辺の詰めの甘さが出てしまったかもしれませんが、学生さんたちの成長(?)も見ることができ、雰囲気も味わうことができて楽しい催しでした。

ひょっとしたら来年も? というには気が早いのですが、参加された学生さん、スタッフの皆さん、とにかく本当にご苦労さまでした。

|

2009年10月 7日 (水)

アントレプレナー道場で合宿

P1010377

東大のビジネスプランコンテストであるアントレプレナー道場も、いよいよ佳境に入ってきました。

9月シルバー・ウィーク後の週末には、千葉の新検見川にある東大のセミナーハウス(写真)で、合宿を行い、皆さん、プランを練りました。

今回最終エントリーに入っているのは6チーム。

各チームからの中間発表と討議、最後は飲み会となりました。

どこも社会的意義や技術など、面白そうなテーマをぶつけてきているので、ネタは十分と思います。

とはいえ、ビジネス・モデルについては、まだまだブラッシュアップの余地がありそうです。

以前よりコンテストの合宿に参加している方のお話では、「合宿から最終発表までの追い込みで決まる」とのことで、勝負はいよいよここからでしょう。

その後も各チーム毎に打ち合わせを進めつつあります。

どう大化けしてくれるか、大変楽しみです。

(あとはリンクです。前年度の「アントレプレナー道場ものがたり」もご参照下さい)

http://www.ducr.u-tokyo.ac.jp/dojo/story_4/index.html

|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年11月 »