« 産学連携協議会 | トップページ | 産学連携体制の再編 »

2006年10月26日 (木)

利益相反ポリシーを読む

(10月6日から承前)

利益相反について、いろいろ書いてきたが、この問題に対する大学の考え方の大枠は、利益相反ポリシーに策定されている。↓

http://www.ducr.u-tokyo.ac.jp/kigyou/rieki.pdf


これを読むと、

・研究成果の社会への還元を進める一方で、利益相反は防止しなければならない。
・そのため、広く産業界や行政、社会にも大学活動への理解を求めたい。

組織的な対応としては、

・全学組織として、利益相反委員会、
・各部局には、利益相反アドバイザリー機関、

を、それぞれ設置して対応する、こととなっている。

更に、これら機関が果たすべき役割としては、
セーフハーバールールやガイドラインの整備、審査、啓蒙などがあげられている。

一言追加しておくと、セーフハーバールールが強調されるのは、研究者の萎縮を防ぐためである。

利益相反を防止しようとすると、とかく「あれはするな」「これはするな」の規則集になってしまうリスクがあって、それでは、研究者は最初から産学連携などやる気がなくなってしまう。

したがって、「べからず集」ではなく、あたかも船が安全な港に着くかのように、「この手続きに従ってくれれば、安全に産学連携ができますよ」というセーフハーバールールを整備することが重要なのだ。

利益相反ポリシーは、こうしたバランス感覚の上に成り立っていると、言えるだろう。

|

« 産学連携協議会 | トップページ | 産学連携体制の再編 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 産学連携協議会 | トップページ | 産学連携体制の再編 »