« 4年前と比べてみると・・ | トップページ | 大学のミッションについて② »

2006年5月25日 (木)

大学のミッションについて①

産業(あるいは金融)界から大学にやって来て、最初に大学側から言われたのは、「大学のミッションをよく理解してほしい」ということだった。

たとえば、産業界の要請のひとつとして、先生方の研究を使ってすぐにビジネスをはじめたい、というものがある。

しかし、大学側は、決してビジネスを優先するというわけではなく、そのため、往々にして産業界の熱も冷めやすい。

この辺の意識のずれが、産学連携の障害になったりするわけだが、その意味でも、まずは産学連携が大学本来のミッションの中でどう位置づけられるのか、大学と産業界で共通了解をきちんと取ってから動こう、ということだ。

というわけで、大学のミッションを考えると、これは次の三つとなる。

①研究
②教育
③社会還元

当たり前だが、産学連携は③の形のひとつであり、決して大学のすべてではない、ということなのだ-(明日に続く)

|

« 4年前と比べてみると・・ | トップページ | 大学のミッションについて② »

学問・資格」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99508/1934422

この記事へのトラックバック一覧です: 大学のミッションについて①:

« 4年前と比べてみると・・ | トップページ | 大学のミッションについて② »