トップページ | 2006年6月 »

2006年5月29日 (月)

大学のミッションについて②

大学の三つのミッションのうち、最初の二つは理解が容易だ。

まず、「研究」というミッションだが、基礎的あるいは長期的な研究を全うできるのは、大学(あるいは公的な研究機関)以外に無いと思われる。

もちろん、民間にもR&D機関は存在する。たとえば、AT&Aのベル研究所のように歴史的な成果をあげたところもあるにはある。とはいえ、こうした特殊な例を除くと、やはり研究の全体的な厚みという意味では、大学をおいて他にない。

実際、ある研究者が言っていたことだが、特に基礎研究の場合は、事前に予測できる結果がそのまま出るだけでは、十分ではないそうだ。

むしろ事前の予測や常識を裏切るような、あるいはそもそも全く予期しなかったような何かと出会うことが、基礎研究の真髄である。

これが、今、流行言葉にもなっている「セレンディピティー」というものだ。

だから、「1年以内に必ず達成できる」という研究予算の申請を出すのは、自らハードルを下げているようなもので、「他人が見向きもしない」「できるかどうか全く分からない」ものにチャレンジする度胸と、時に失敗を含めてそれを許容する度量がなければいけない。

もちろん工学などの分野で、必ず期間内・予算内にプロジェクトを仕上げなければならないというものもある。そこでは、プレッシャーに打ち勝ちながら、所望の成果を出す技量も必要だ。

要は、基礎研究とプロジェクト型エンジニアリングの性格をきちんと分けて、双方から多面的な研究ができるようにしておく。

この両方を同時にできるところは、大学以外にないし、そこに意味がある・・。研究という言葉の持つ多様な側面をすべて肩代わりできるところは、他に無いと思われるのだ。(続く)

| | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

大学のミッションについて①

産業(あるいは金融)界から大学にやって来て、最初に大学側から言われたのは、「大学のミッションをよく理解してほしい」ということだった。

たとえば、産業界の要請のひとつとして、先生方の研究を使ってすぐにビジネスをはじめたい、というものがある。

しかし、大学側は、決してビジネスを優先するというわけではなく、そのため、往々にして産業界の熱も冷めやすい。

この辺の意識のずれが、産学連携の障害になったりするわけだが、その意味でも、まずは産学連携が大学本来のミッションの中でどう位置づけられるのか、大学と産業界で共通了解をきちんと取ってから動こう、ということだ。

というわけで、大学のミッションを考えると、これは次の三つとなる。

①研究
②教育
③社会還元

当たり前だが、産学連携は③の形のひとつであり、決して大学のすべてではない、ということなのだ-(明日に続く)

| | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

4年前と比べてみると・・

さて、産学連携が言われるようになったのは、ここ数年の話だ。

もちろん、その背景には、日本の10年に及ぶ低迷と、これを打破しようという様々な制度改革がある。

学問も産業もグローバル競争が激しさを増し、米国発の情報革命や中国などアジア諸国の追い上げ、更には戦後のいろいろな制度・慣習が長期不況で耐用年数切れになってきた、ということが背景にあったと思う。

その中で、04年の国立大学法人化が行われ、意識の改革も起こってきた。

■     ■     ■

筆者が産学連携本部で共同研究員になったのは4年前のこと。

当時と今を比べると、隔世の感があるのは事実である。

当時はTLOが稼働し始めたことを除くと、産学連携の受け皿などなかった。

組織も体制もゼロに等しい状況だった。

非常勤なので、フルコミットしたとは言えないのだが、その後の組織の拡充を見ると、共同研究、知財、ベンチャー、利益相反防止など、一通りメニューは揃ってきたように感じる。

その意味では、産学連携も制度「構築」の時代から、仕組み「運用」の時代に入ってきたと言えるかもしれない。

仏を作って魂を入れる、というのが、これからの課題だろうか。

| | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

このブログで書くこと。

さて、最初の問題は、共同研究で、何をやるの、ということ。

この共同研究は、産学連携本部というところで行うのだが、そのミッションは、大学と産業界との橋渡しをすることだ。

実際、同本部も含めて、大学-産業界のインターフェイスは、最近、ずいぶんと充実してきている。

全体的なインフラは整ってきていることを考えると、こちらの研究であまり大風呂敷を広げる必要は無いように思われる。

まずは、できる範囲から、少しテーマを絞って、橋渡しのお手伝いをできればいいと思う。

■                        ■                        ■

とはいえ、ブログも毎日毎日書けるほどネタがあるかどうか、心許ないというのが、本当のところだ。

そこで、関係部署で働く皆さんに、援軍として参加して頂ければ、ひと味違う趣がでるのでは、と思いついた次第。

日常風景など、いろいろ織り交ぜながら、ブログが進められればいいなと思います。

研究の契約期間は1年ですが、息切れしないように。~というのが、まずは目標ですね。

| | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

まずはきっかけから・・

今日からブログを開始。

始まりは、先日、東京大学・産学連携本部と、共同研究契約を結んだこと。

結んでおいてなんなんだけれども、これから、ホントに共同研究をしていかなければならない・・・さて、どうしよう。

ここで、「研究」という言葉は、昔だったら、何か抱え込んで沈思黙考、というイメージがつきまとう。

しかしながら、今や時代はオープンソース。

Linuxではないけれど、自分の考え方の軌跡を開示して、情報を発信しながら、何かをまとめあげていく。

そういう研究の仕方がますます大事になってくる・・・

・・・ということで、これから、共同研究に伴うあれやこれや、blogに綴っていこうかと思う。

とりあえず、研究期間の1年間は、最低目標にしたい。

というわけで、乞うご期待(大丈夫か??)

| | トラックバック (0)

トップページ | 2006年6月 »